[一人会社の経理ごと] eLtaxで法人地方税の電子申告をやってみよう

目次


弊社もようやく一期目最初の確定申告の時期がやってきました。
以前、

初めての法人の年末調整: eLTax(エルタックス)の初回設定手順

で、利用する際の初期設定を取り上げてみましたが、今回はいよいよ法人地方税を納付してみます。

共通納税


法人地方税の払込は、

共通納税

という仕組みでインターネットの使える環境があれば、全国どこからでも申告から電子納付まで、税務署や所轄の役所に行かなくても公的な手続きができるようになっています。 詳しくは、公式のページに書かれていますので、一読されると良いと思います。

共通納税とは | eLTAX


ちなみに共通納税に対応している税金の種類は次のようなものがあります。

1. 法人都道府県民税

2. 法人事業税

3. 地方法人特別税

4. 法人市町村民税

5. 事業所税

6. 個人住民税(特別徴収分、退職所得分)

法人でなくとも、個人の住民税が納付できるようです。

パソコン環境の準備

納税の手順 | eLTAX


大まかな手順は上の概要の通りの流れになります。
概要にも書かれいるように、eLTAXのユーザーインターフェースソフトウェアである

PCdesk

には、

Web版

DL版

の2種類があります。
Web版は、インターネットブラウザからアクセスして利用できるWebサービスのことで、

前回の記事

ではこのWeb版を利用して、利用者申請と登録をしました。
注意しないといけないのは、電子申告を作成する場合Web版は利用できません。
そこで

DL版

をパソコンにインストールする手順からやってみます。
ちなみに、今回利用しているのはWindows10のパソコンです。 MacbookでもPCdesk(DL版)が利用できますが、こちらの方のインストール手順はこの記事では取り上げておりません。 ご了承ください。

PCdesk(DL版)のインストール


まずは、

PCdesk(Web版)

[各種登録・変更]

の項目にある、

[PCdeskダウンロード版]

を選びます。


デスクトップにzipファイルをダウンロードしたら、適当なところでこのファイルを解凍しましょう。 解凍したフォルダの中身から

LTNsetup.exe

インスーラをクリックして起動します。


あとはインストーラーの作業画面に従って、インストールを進めていきます。


インストールが済んだら、デスクトップに以下のようなショートカットアイコンが作成されると思いますので、これをクリックすると、PCdesk(DL版)が起動できるようになります。


これでイントールは完了です。

PCdesk(DL版)の初回設定


初回は、利用者情報が空なので、新しく利用者情報を設定します。
初回起動すると、ソフトウェアの初期化が始まります。


お知らせだの、バージョンの確認だのが出ますが、全て

次へ

と進みます。


利用者ログイン画面に変わると、見ての通り利用者の欄が空になっているので、eLTAXの利用者情報を入力します。


まずは

[新規作成]

ボタンを押して利用者登録します。